不動産屋の押し売りに注意

悪徳不動産の特徴について

悪徳不動産という言葉を耳にすることもあるように、不動産とは怪しいイメージがあります。騙されないためにも、悪徳不動産の特徴を把握して押し売りされないよう注意しましょう。大きな特徴として、悪徳な会社は契約を強引に進めようとする傾向にあります。家を探していると、さまざまなことに疑問を感じることが出てきます。このような場合、不動産の営業マンに相談することになりますが良くない会社は聞きにくい雰囲気を出してくるのです。担当者としては、時間を掛けずにさくっと契約したいという思惑があるので威圧的に対応してきます。その結果、大切な資産であるはずの不動産の内容がよくチェックできずに契約するはめになるのです。相手の態度に負けることなく断固な態度を取ることが必要と言えるでしょう。

押し売りしてくる手口とは

押し売りしてくる手口は、普通に見える不動産でもやっている可能性があります。契約してから後悔しないためにも、営業担当者がやっている手法を覚えておきましょう。多くの営業担当者がやるのが、すぐに購入申込書の提出を迫るやり方です。購入申込書は、売り主側に買う意志があるという意志表示を書面でするために必要となります。よくあるのが、内見に行ったあとすぐにこの申込書を書かせようとする手口です。内見をしているので、問題がないように思えるかもしれませんが営業担当者が「他の方に取られるまえに提出したほうが良い」と押してくるなら危険な可能性があります。本当に、自分が望んでいる物件か図面以外の情報を調べてからにしましょう。